挙式スタイル

テラスウエディング

テラスウエディング

桜島と錦江湾を一望できるテラスで最高のウエディングを。
当ホテルならではの、緑豊かな自然に囲まれた高原ウエディングです。

牧師式や神前式、その他ご希望の挙式も承ります。

神前式

神前式

神前式

神前式

三三九度や玉串奉奠などの儀式、雅楽や和装をはじめとする日本古来の伝統美が印象的な挙式スタイルの神前式です。霧島神宮という由緒ある神宮での挙式の手配を承ります。


〈神前式の流れ〉

参道の儀さんしんのぎ
結婚の儀を告げる雄楽が演奏される中、斎主・巫女に先導された『花嫁行列』が本殿・御社殿まで進む。
入場
斎主、新郎新婦、仲人、親、親族が入場。
神社では楽人が先導。
神前に向かい右側に新郎、左側に新婦が座る。
修祓しゅうばつ
一同起立、斎主による祓詞(はらいことば)に続き、清めのお祓いを受ける。
祝詞奏上のりとそうじょう
斎主が神前に二人の結婚を報告し幸せが永遠に
続くよう祈る。
誓盃の儀せいはいのぎ
三三九度の盃。新朗新婦が大中小3つの盃で交互に
御神酒をいただくことで、永遠の契りを結ぶ。
神楽奉納かぐらほうのう
巫女が神楽に合せて舞を奉納する。
誓詞奏上せいしそうじょう
新朗新婦が神前に進み出て誓詞(誓いの言葉)を
読み上げる。
玉串奉奠たまぐしほうてん
新郎新婦が神前に玉串を捧げ、「二拝ニ拍手一礼」。
仲人夫婦、両家代表が続く。
指輪の交換
結婚指輪の交換をする。
親族杯の儀しんぞくはいのぎ
親をはじめ、両家の親族が順に御神酒をいただく。
斎主挨拶
斎主が結婚の儀が滞りなく終了したことを報告する。
退場
全員が退場。